付加年金

付加年金について

将来受取る老齢基礎年金は、その年数によって年金額が定額となります。
しかし、そんな老齢基礎年金の金額を増やす方法があるんです!
それが付加年金という制度。実際にどのような制度なのかまとめました。

【付加年金とは】
毎月に納付する年金保険料に月額400円をプラスして納付すると、老齢基礎年金が上乗せされる制度です。

【加入対象者】
第一号被保険者(自営業などで厚生年金の加入がない方)、任意加入被保険者が対象となります。
ただし、国民年金基金加入者は加入できません。

【いくらプラスになるの?】
一番気になるのが、400円プラスで納めたら一体いくら老齢基礎年金が上乗せされるのか?ですよね。
その計算方法は、”200円×付加保険料納付月数”となります。
もし年金加入当初から支払続けたとした場合
200円×(40年間×12ヶ月)=96,000円 のプラスとなります。
※物価スライドがないため、物価にあわせての変動(増額・減額)はありません。
この金額が年金をもらい続ける限り、プラスされ続けるのです。
保険料の支払は、400円×(40年間×12ヶ月)=192,000円なので、2年間付加年金を受給したら元がとれます。
これは、付加年金に加入した期間が短い場合も同じ2年で元がとれる計算になります。

いかがですか?わずかな保険料の増額で、将来もらえる年金額が増やせる。しかも確実に元が取れるとなれば、
加入したほうがよさそうですよね?
申し込みは市区町村役場にて手続きできます。対象となる方はこのお得な付加年金の加入をおすすめします。