年金額 計算

もらえる年金額について

毎月納付している年金の保険料。65歳を超えたら年金を受給することができますが、その金額が気になったことはありませんか?
では、年金の受給額一体いくらになるのか、シュミレーションしてみましょう。

【国民年金】
国民年金は、すべての20歳~60歳が加入する保険です。受取る年金の名称は”老齢基礎年金”となります。きちんと納付年数を満たしていれば、全ての国民が受け取ることの出来る年金です。
保険料が一律のため、計算方法はいたって単純。
”加入期間(保険料を納付した期間)”のみが年金額を決めるポイントとなります。

年間の老齢基礎年金受給額=772,800円×加入期間(保険料を納付した期間)÷480(平成26年度現在)
※加入期間は月数で計算します。
※免除制度を利用した場合の計算はことなります。

例:20歳~60歳(40年間)まで免除や未納付なしで加入していた場合
・40年間×12ヶ月=480ヶ月
・772,800円×480ヶ月÷480=772,800円(年間)
・772,800円÷12ヶ月=64,400円(月)

一ヶ月64,400円だと老齢基礎年金の受給のみだけではとても生活できそうにないですね。
免除期間が入るとさらに受け取れる年金額は減少してしまいます。
免除の期間や種類によって年金額が異なりますので計算の際には注意がひつようです。

【厚生年金】
厚生年金の加入がある会社勤めの期間中におさめた期間分の保険です。受取る年金の名称は”老齢厚生年金”となります。
老齢基礎年金とはことなり、加入期間中の報酬に比例して年金額が決定します。また、生年月日によっても年金額はことなります。

老齢厚生年金には、”定額部分””報酬比例部分””加給年金額”がありそれぞれ計算をします。

年間の老齢厚生年金受給額=定額部分+報酬比例部分+加給年金額 となります。

~定額部分~
1,676円×生年月日に応じた率×被保険者期間(月数)×0.961
※生年月日に応じた率の一覧は、日本年金機構ホームページ参照

~比例部分~
平成15年3月以前と平成15年4月以降の2つに分けて計算を行います。
※平成15年4月より、賞与支給額も保険料の対象に加えられたため保険料額が変更されています

平均報酬月額×生年月日に応じた率×平成15年3月までの被保険者期間(月数)+
平均報酬月額×生年月日に応じた率×平成15年4月以後の被保険者期間(月数)
※生年月日に応じた率の一覧は、日本年金機構ホームページ参照
※平均報酬月額とは、それぞれの期間の被保険者期間中の標準報酬月額及び標準賞与額の総額を被保険者期間で割った額となります。

~加給年金額~
厚生年金の被保険者期間が20年以上もしくは、男性40歳女性35歳以降に15年ある人で生計を維持されている方がいる場合に加算されます。
《配偶者》・・・222,400円
※65歳未満であること
《一人目、二人目の子》・・・各222,400円
《三人目以降の子》・・・各74,100円
※子は、18歳までの子(年度の末日までに18歳にならない子)。ただし、障害1級および2級の場合は、20歳未満となる

~配偶者加給年金額の特別加算~
加給年金額を受取っている方の生年月日に応じて、さらに配偶者の特別加算をうけられます
※生年月日に応じた率の一覧は、日本年金機構ホームページ参照

平成25年の平均年金受給額は、145,596円でした。

老齢厚生年金の計算はかなり複雑で素人が計算するのは難しいです。
日本年金機構では、年金見込み額の試算をしてもらえます。
ネットで年金番号等の基本情報を入力すれば、後日返答がもらえます。
詳細の金額が知りたい方は活用してみてください。