国民年金と厚生年金の違い

国民年金と厚生年金の違いについて

年金には、”国民年金”と”厚生年金”があります。

国民年金は20歳~60歳までの国民全員が加入していますが、厚生年金は会社勤めの方が国民年金に加えて加入しています。

では、その違いはどのような部分でしょうか?

二人


【保険料の金額】

国民年金・・・一定額。加入者本人が全額負担し自分で納付する

厚生年金・・・収入により変動する。会社と折半となり給料から天引きとなる

※扶養の配偶者は保険料免除

【加入対象者】

国民年金・・・20歳~60歳全ての国民

厚生年金・・・70歳未満で、厚生年金に加入する企業に勤める人

【最低加入期間】

国民年金・・・25年以上

厚生年金・・・会社に在籍している期間

【受給できる年金】

国民年金・・・老齢基礎年金のみ

厚生年金・・・老齢基礎年金に加え、老齢厚生年金も受給

※生計を一にする65歳の配偶者、18歳未満の子供がいる場合は、加算される

【障害年金】

加入者本人が、1級もしくは2級の障害がある場合、支給される年金

国民年金・・・障害基礎年金

※子供の人数により、加算される

厚生年金・・・障害基礎年金に加え、障害厚生年金も受給

※生計を一にする65歳の配偶者、18歳未満の子供がいる場合は、加算される

障害の程度が、3級の場合は障害厚生年金のみ、軽度の場合は手当金が支給される

【遺族年金】

加入者本人が亡くなったときに、遺族に対して支払われる年金

国民年金・・・遺族基礎年金のみ

厚生年金・・・遺族基礎年金に加え、遺族厚生年金も受給

※遺族基礎年金

対象者・・・生計を維持されていた18歳未満の子がいる配偶者または子

※遺族厚生年金

対象者・・・生計を維持されていた遺族で、1配偶者または子、2父母、3孫、4祖父母の中で優先順位の高い人

おおまかな違いは、このような内容になります。

厚生年金に加入していると、将来の年金受給額が増えるだけではなく、万が一の場合の年金受給額にも差がでてくるというわけです。

税金の支払いって毎年かなりキツいですよね。お金があれば医療レーザー脱毛に通いたいのに。。。って毎年思います。