年金

年金のしくみ

”年金”と一口に言っても、実は種類がいくつか存在します。

今回は、”年金”の種類と内容をご紹介します。

【年金の種類】

夫婦

日本の年金は、3階建ての年金となっています。

《1階》国民年金

《2階》厚生年金、共済年金、国民年金基金

《3階》確定拠出年金、厚生年金基金、職域年金


【それぞれの年金の特徴】

では、それぞれの年金はどのような特徴や違いがあるのでしょうか?

《国民年金》

・20歳~60歳までの全ての国民が加入対象

・25年間保険料を支払う

・保険料は収入額にかかわらず、一律の額となる

・年金の受け取りは、65歳から(申請により繰り上げ可能)

《厚生年金》

・会社員が加入する

※パート等の非常勤でも、その雇用契約が正社員の概ね3/4以上の場合は加入となる

・会社員の扶養範囲内の妻

・保険料は収入額により変動する

・保険料は会社と折半して支払をする

・年金の受け取りは、65歳から

※ただし、厚生年金の加入期間が1年以上ある場合は、60歳より特別支給あり

◎厚生年金の支払額には、国民年金保険料も含まれている

《国民年金基金》

・国民年金のみの加入者で加入を希望する人

・保険料は加入の口数によって変動する

・”職能型”と”地域型”の2種類がある

《確定拠出年金》

・公務員、専業主婦等の方以外で、加入希望者のみ加入

・運用実績によって年金の受け取り額がかわる、変動型の年金

※運用とは、預金・公社債・投資信託・株式・保険商品などの運用にあたります

※運用実績が悪いと、減額をされてしまう

・年金の受け取りは、60歳から

・保険料は、個人型は加入者本人が企業型は企業が掛け金の負担をする

《厚生年金基金》

・基金を設置している会社は、強制加入

・保険料は、会社側のみ負担

※基金に加入していても、加入者本人の負担はない

お役立ちサイトの紹介

お金借りる即日はキャッシングの専門サイトですが年金制度と関連付く大切な事柄が解説されています。年金をより深く理解するためにも一度ご覧になってみると良いでしょう。
また、銀行カードローンは低金利で借りれて安心ですよ。こちらのサイトは銀行カードローンの事が詳しく紹介されているサイトなので、参考にしてみてください→オリックス銀行カードローンの審査に通る方法